はなの日記

三浪目の悲喜日記のその後です。

普通に②

私はその保育園に馴染めず💧親として求められるものに追いついてなかった。でも、子供にはとても良いと思ってたので、ほんと、何とか二人とも卒園させた。よかったな〜、今から考えると。最後までやりきったという事実は大切だなぁ。


いつしか普通のこと以外のことを考え出していた。


医学部を受験し医師になるなんてことは、やっぱり普通のことじゃない。


打ちのめされた今は思う。普通でいいよ、て。諦めるようで気持ちがいいものじゃないけど、でもね、普通でいい。


そう息子に伝えたい。


何かに抗って、普通以外のことを望んでも、やっぱりうまくいかない。


医学部受験は親の願いでもあったけど、本人の強い意志で続けている。私がもういい、て思っても終わるものじゃない。きっと、これからも続く。


私はできる限りの支援をしていくつもり。


誰に非難されようとね。