はなの日記

三浪目の悲喜日記のその後です。

ご無沙汰しております

長くブログをお休みしておりました。待っていてくださった方、申し訳ありませんでした。


息子はほぼ宅浪の日々を過ごしています。諦めず、頑張っております。


もう三年も浪人生活をしています。私も、以前のような勢いだけの応援もしていません。ただただ、静かに見守っている状態です。四年目の浪人生活。世間では忘れられた存在といっていいと思います。それでも今も静かに受験勉強を続けています。


医学部受験は甘くない。親子共々痛感しています。だからこそ今年は、決して逃げず、様々な過程を確実にこなしていきたいと思います。


父親である夫は、末期のガン患者です。西洋医学では、もう…。代替医療を選択するほかなく、夫は必ず治すと治療に励んでいます。


息子を必ず医学部に合格させたいと思う気持ちは、ますます高まりました。息子の合格を待ち望んでいた夫にも、息子の合格を見せてやりたい。そう思っています。


医学部に仮に合格できなかった場合でも、息子の受験は今年で終了です。最後の一年になりました。


悔いのない一年を送りたいと思っています。


そして私は、最後まで息子の医学部合格を信じていきたいと思います。