はなの日記

三浪目の悲喜日記のその後です。

人生いろいろ

誰でも自分の子は可愛いもの。


例の友達の言動も、ある意味仕方ないのかな…と思い始めている今日この頃です。


なんかね〜自分の思い込みの激しさに嫌気さしてます。あと、変な正義感ね。


自分の身内で、私が羨ましいと思えるような状況にいる者は少なく、だから私はこの世の人は殆ど可哀想なんだ、と思っている節があったみたい。私も含めて。


だからこそ戦ってきたし、これからも戦うしかないと思っていました。


でも、戦いなんて無縁の人生を送っている人も、勿論存在してるんですよね、たくさん。


あー、馬鹿だった、私。


世間が狭かったです。もっと、視野を広げなくちゃ、と思いながら、どうしたらいいのかはわかりません。


人生、たぶん半分はとうに超えてる。


残りすくないこの人生を、今後どう使うか、よく考えよう。