はなの日記

三浪目の悲喜日記のその後です。

自分の罪

情けない母親だとはわかってた。


いや、ほんとにわかってたか?


何度も何度も修正しようとして何度も何度も失敗してる。…ほんとに変わろうとしてる?


今日この時から、ほんとに変わろうと思ってる。馬鹿な母親なのは、治らないだろうけど。


怒りとか負の感情をできるだけコントロールすること。これが私の一番の課題。


絶対克服する。必ず。


ネガティヴな言葉は、ほんとに、口に出しちゃいけない。できれば、頭の中でも考えないように。


ポジティブってほんとに疲れるんだけど、諦めないで。


失敗しても懲りずにまたやる。

ランキング不参加にしました

また再開したブログを見つけて頂くために、最初はランキングに参加してました。その方が目に付きやすいと思い…。

もう見つけて頂いてると思うので、ランキング不参加にします。


あまり目立たず、細々とやっていきたいんですよね。


一瞬コメント公開にしたので読んだ方もいると思いますが、息子が言っていたのは、応援してくれてる人たちと同じ位、不成功を願っている人たちもいるということ。私も後からわかりました。まあ、自慢話的な話を避け、敢えて悪いことを積極的に書いてましたので、悪く思う人もたくさんいるだろう。コメントも受け付けるかどうか、悩んでいましたが、もう受け付けないことにするかも…。


うーん…傷ついたわけではなく、腹が立ってるという感じです。なにしろ、短気なんで。


こういうことになると、ブログの意義を問いたくなりますね、辞めるべきなのかな。


ご厚意に支えられてのブログですが、同じ位の悪意も受けてしまうことがネックです。


ちょっと考えてみます。

他学部出願について

息子本人は、他学部を受験し合格したら、医学部がダメだったとき進学させられてしまう、という恐れがあったのかなと思います。若しくは、絶対大丈夫だから!という甘々な自信があったのかもしれません。


私としては、精神安定のためにも、どこか今の実力でも合格できるところに出願してほしかった。確かに、医学部がダメで、どこか合格している大学があったら、無理矢理にでも進学させていたかもしれないなぁ。


その位家族はキツイんです…。自分が受験するわけでもなく、どこにモチベーションを求めたらいいのかわかりません。あと一年…と考えると、やっぱりひたすら長く感じてしまうものなんです。


まだ最後まで諦めるな、という応援を頂いていますが、詳細は避けますが、難しいと思っているので、実質4浪は始まっているのです。


でも、やっぱり思ってしまいます。「合格」の二文字が見たかった…。医学部じゃなくてもいいから。


中学受験以来、見てないんだよ、私。


息子に呟いてしまう私…。


中高一貫でちゃんとやっていたら、こうはならないと思うので、同じく中高一貫に通っているみなさま、ご心配なさらず。我が家の息子は、見事に落ちこぼれてしまって今がありますから。ちゃんと理由はあるのです。


6年間サボったツケを、4年で返すべく、日々努力の毎日です。


まさか…6年かかるなんてことはないでしょうね…(ーー;)